Lufu's Linux Life


Last Modified : 2003/02/24

コンテンツ

まだまだな面もあるけどおいおい追加していくでしょう(おいおい).

とりあえず今までに作ったLinuxBox達

barebone 2001/8/18〜
cpu p3 800
mem 384M
chipset i810
ide 40G
scsi AHA-2940 device hdd 8G+30G
そねさんの一時マシンを安価に譲り受けた。MSIのスリムがたbareboneマシン。 マシン変更と同時にディストリビューションをPlamoにする。 (今まではSlackWare)
ashtray 〜2001/8/18
cpu winchip-c6 240
mem 64M
video Mach64
ide 300M
scsi AHA-2940 device cd-rom hdd 1.2G+2G+1G+2G
eth tulip chip 100base-tx
ルフネットの次期ホストマシンとして調達したマシンだが, ソフトの整備(インターフェースをどうするか,,等) がまとまらないまま動きつづけている.
0.99pl13を2年ほど24時間運転した後いろいろやって いまは2.0.35にした.
最近の状況は
マシンを取り巻く環境 のような状態である
他のマシンは書いてもしかたないのでやめ(おいおい)

マシンを取り巻く環境

named
部屋のすべてのマシンはこのネームサーバーを参照します。 外につながっているときはネームサーバーがプロバイダの ネームサーバーを参照します。
サーバー公開してDDNS使ってからルーターの内側ではDDNSの名前の参照ではルーターの設定ページに行ってしまうので、 ローカルの名前に細工をして構内でもDDNSの名前でアクセスできるようにしています。 これしてないと結構面倒。DDNS使ってるひとはどうしてるんだろう?
squid
squidを使ってローカルでキャッシングしています。 部屋にある各マシンのローカルのキャッシュ容量を減らして ここでキャッシングしておるわけです。 キャッシュがそんなに効いていなくてもproxy使ったほうがはやいことを先日確認しました。 DNSの問い合わせか、セッションの張りぐあいの違いか、あるいはルーターへの負担の違い?
ntp
時計あわすのにntpを使うようにした。いつでも時計が正確っていいですね。
apache-httpd
apache-httpdを使ってローカルなwebサーバーにしています。 PHP3と4とpostgreSQLも動かしてます。 といってもたいした事はしていません。 仕事で使うための予備知識のために入れたものです。
inn
ローカルなニュースグループを作ってみて遊んでいます。 expire処理もうまくいきました. (usenetアカウントに届くメールを確認すればすむだけでした) が,初めてうまくいくときにexpireされて消えてしまった記事多数,,,, あうう,
あたらしいinnに久しぶりに変えると、大分変わってしまってました。
suck
外のニュースサーバーからsuckを使って記事を取り込んでいます。 FreeBSDとかlinuxとかwindowsのプログラミング関係とかその他,,, 古い記事の参照が出来るのでいいかも,, expireのテストである程度消えてしまったが,,,
mailのsuckなんてないのかな,,,→ありました。fetchmailですね。
fetchmail
smtpあけると面倒だし、メールアドレスを作ろうという気がないのでfetchmailで外のメールを取ってきています。
サーバー立てると皆さんmailサーバーとして外から見えるようにしたがりますが、一番(?)やばい部分なので外から見えなくしています。
dhcp
ノートパソコンとか(お客さんも含め)出入りの激しいマシン が設定面倒なのでDHCPサーバーにすることにした. ややこしいかなと思ったけど案外問題なくすんなりインストール できてしまった.でもブラウザのproxyまでは変えてくれないので そのへんは手動だが,,

いろいろ問題,疑問,不審

aha2940
1.3.86以前ではどうも安定していない.(2.0.0でまともに動くのを確認した)
2枚使うときに違うタイプはだめ??. たとえば2940と2940や2940uと2940uはいけるのに, 2940と2940uだと片方を認識しない・・・・でも、 ほかので混ぜてもいけたこともある,,
SCSI Tape
他機種(sun)のテープを読む方法が分からなかった.

ちなみにこんなんは何とか解決した

ppp
pppの受け側として使うときの認証をpasswdと同じものを使う方法が わからないと書いていたがpap-secretファイルが存在するとシステムの パスワードを見てくれないことがわかったのでそれさえわかれば即解決!
SCSI Disk
10台以上つなげない. sdjというデバイスファイルをmakedevをいじって作ってもうまく扱えない. 一応makenodコマンドで作るとこまでやった,,それで直った気がする (気がするだけで試してないなあ,,)
mount
slackware95の2.0.0のカーネルを入れていろんなソフト入れた状態で nfsのマウントをumountしようとするとsegmentation faultに なってしまう....がマウントコマンドのリコンパイルで直った
NIC
100baseのカードが一筋縄ではうまくいかず, dosとかで初期化したあとloadlinとかで立ち上げなおせばいけるようである. 何か根本的に間違えてるかなあ.新しいカーネルもためさなあかんな,, しかし,2.0.35では問題ないようです.
md(multi disk)
ユーティリティーのコマンドがmakeできなかったけどmd.hのなんかの デファインを1から3までなのを1から5にしたとおもう. すでに何処からその4と5を持ってきたかは不明. (確か昔md-patchとして出まわってた物から持ってきたような) slackware3.5ではその辺のコマンドもついてますね. (pje入れてひどい目にあったけど,,,,)

独断と偏見の使えるハード

usbキーボード
plamoにして新しいカーネルにしてからusbのキーボードが使えるようになったので、 HHK Lite2を必要時さして使ってます。 抜いて置けるので誤操作することがないのでものすごくgoodです! でも、ここ1年ほどキーボードもディスプレイもマウスも抜きっぱなしなんですけど・・・
# それだけ安定してるということやね
aha2940
2.0.0になってからは安定して使えてます. 入手も容易で問題は値段か?最近出てる安いんはどうなんだろ,,
ncr53c8xx
だいぶ前から安定して使え,入手も容易で値段も安い. コストパフォーマンスは良いが,2940ほどの早さが無いような,, 安直にセットアップ出来るので初心者にはいいかも. 時としてbiosの振る舞いに気をつける必要がある?(linux以外のとき)
aha1542
劇的に早くは無いが安定して使えて無難なカードの一つ. いろいろマシンを組むなら1枚持っておいてもいいカード(だとおもう) isaでもいける訳だからあまったマシンにlinuxいれるなんて時に役立つ. (え,もうあまったマシンでもpentiumですか・・・・)←懐かしいコメントやな
tulip
とりあえず動くことを確認してる100base-txのNIC.あまり早く ないとのうわさも,,,
ne2000
どうせ10baseのlan程度ならこのカードで十分. 安直なセッティング,コストパフォーマンス,安定性,汎用性, どれを取ってもとりあえずこれ!
fmt-18x(FMV内臓lanカード)
2.0.0では何も設定しなくっても安定して動いたけど,,,

独断と偏見の使えるソフト

samba
unixマシンをマイクロソフツのネットワークの ホストにしてしまえる物であります. 最近win95でネットワーク環境が整いだしたこともあり にわかにはやっているようですね・・・ win98やNTのサービスパック3(かな?)で使うときは レジストリで平文パスワードを許すか,新しいsambaで 暗号化パスワードに対応させないといけない.
そうそう、プリンタつないでsambaで共有してます。 win98系はドライバもサーバーに設置した(ファイル数が多いのでむっちゃ面倒)ので簡単にインストールできる。 最初画像が途中までしか出なかったのですがtermcapをよく確認すると確か容量制限みたいなのがありました。
何か興味やアドバイスがあればメールくださいね.

back to Lufu's homepage